カードローンの申し込みを検討していると、「総量規制対象外カードローン」という言葉に気づくと思います。

「総量規制ってなに?」と思われる方や「どんなメリットがあるの?」と思われる方もいると思いますので、簡単にご紹介したいと思います。


■総量規制とは?

総量規制は、貸金業法という法律の中にある「規制」のことで、貸金業者(消費者金融や信販会社など)が守らなければならないルールです。

具体的に総量規制は、

 「年収の3分の1超となる融資をしてはいけません!」

というもので、過剰貸付とならないように決められているものです。

この「年収の3分の1まで」というのは、クレジットカードや自動車ローンなどは含みませんが、キャッシングした「すべての残高の合計額」という点に注意が必要です。

年収300万円の人なら、すべてのローン残高が「100万円以内」になるように融資が行われているのが、総量規制の特徴といえます。


■総量規制対象外のメリットについて

しかし、カードローンの利用者の中には、「どうしても年収の3分の1以上のお金」が必要になることもあります。

そのようなときに、「法律で決まっているから・・・」とすべての融資が受けられないように思いますが、貸金業法は、

 貸金業者

を規制する法律で、

 銀行

を規制していない、というのがポイントです。

銀行のカードローンは、すべて「総量規制対象外」ということになりますので、

 総量規制対象外カードローン = 銀行カードローン

ということもできます。


■総量規制対象外なら専業主婦もOK!

すべての銀行カードローンについて言えるものではありませんが、総量規制対象外カードローンの中には、

 本人に年収がなくても申込める

ケースがあります。

バンクイックのように「専業主婦でも融資可能」となっている場合がありますので、必要に応じて利用することができます。

カードローンの利用のしすぎは良くありませんが、総量規制対象外を上手に利用してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.8