ネットに欲しい商品が合ったのですが、その金額が15万円位必要となっていたので結構困っていました。この金額を補てんすることは難しいと思っていたので、みずほ銀行カードローンを利用しようと決めたのです。この会社を利用する決め手となったのが、高い利用限度額で低金利を狙うことができるという部分でした。
収入証明を提出しなくてもいいラインである200万円に設定して申込みをした所、1時間くらいですぐに電話がかかってきました。結果は100万円まで減額されたものの、結構多めに借りられることが分かったので良かったです。利用可能となるまでに数日かかりましたが、比較的スムーズな対応をしてくれたのは良かったと思います。ただ電話確認だけちょっと手間取ったので改善して欲しいです。
金利は高い方に近い状態となっていましたが、借りられる金額が多かったので安心して利用することが出来ました。15万円を借りてしっかりと返済が出来たので、次も利用しようと思っています。

土日に即日融資は可能ですか?

二人で働いて、結構リッチに暮していましたが、有るとき妊娠を知らされました。
預金もほとんど無くて、そのときには費用はとか、仕事はどうするのかということで、二人で雁首をそろえて考えましたが、なんだかんだと結構費用も掛かるし、収入は私の分だけに成るので不安でした。
それからは今までのような暮らしは辞めて、地道に二人で貯めました。
必死に成って貯めたおかげで、何とかまとまったお金は出来ましたが、それでもどこか不安でしたし実家を頼るのも嫌だったので、いざというときに借りられる方法を考えました。
給与の振込銀行がみずほ銀行だったので、店頭にはよく行っていましたが、そこにカードローンの案内のパンフレットが置いてありました。
ちょっと恥ずかしかったのですが、一枚取って妻と相談をしてカードローンの申し込みをすることにしました。申し込みも簡単で、会社の信用もあったのでしょうが、すぐに承認されてとりあえずは安心しました。
何かと両親にも面倒見てもらって、実際に借りたのは少額でしたが、それでもいざというときには助かると安心しています。

カードローンの申し込みを検討していると、「総量規制対象外カードローン」という言葉に気づくと思います。

「総量規制ってなに?」と思われる方や「どんなメリットがあるの?」と思われる方もいると思いますので、簡単にご紹介したいと思います。


■総量規制とは?

総量規制は、貸金業法という法律の中にある「規制」のことで、貸金業者(消費者金融や信販会社など)が守らなければならないルールです。

具体的に総量規制は、

 「年収の3分の1超となる融資をしてはいけません!」

というもので、過剰貸付とならないように決められているものです。

この「年収の3分の1まで」というのは、クレジットカードや自動車ローンなどは含みませんが、キャッシングした「すべての残高の合計額」という点に注意が必要です。

年収300万円の人なら、すべてのローン残高が「100万円以内」になるように融資が行われているのが、総量規制の特徴といえます。


■総量規制対象外のメリットについて

しかし、カードローンの利用者の中には、「どうしても年収の3分の1以上のお金」が必要になることもあります。

そのようなときに、「法律で決まっているから・・・」とすべての融資が受けられないように思いますが、貸金業法は、

 貸金業者

を規制する法律で、

 銀行

を規制していない、というのがポイントです。

銀行のカードローンは、すべて「総量規制対象外」ということになりますので、

 総量規制対象外カードローン = 銀行カードローン

ということもできます。


■総量規制対象外なら専業主婦もOK!

すべての銀行カードローンについて言えるものではありませんが、総量規制対象外カードローンの中には、

 本人に年収がなくても申込める

ケースがあります。

バンクイックのように「専業主婦でも融資可能」となっている場合がありますので、必要に応じて利用することができます。

カードローンの利用のしすぎは良くありませんが、総量規制対象外を上手に利用してみてはいかがでしょうか。